スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナマパシフィコ空港はスーパーマーケットより小さい。

2016/02/21

グアテマラから始まった中米。
12/30~2/18までの旅。
ほぼグアテマラで過ごしたけど、その中米とも今日でお別れ!
楽しみにしていた南米に突入~!!


コロンビア行きの飛行機、ビバコロンビアはパナマパシフィコ空港ってとこから出てる。



右側がパナマシティ
左側がパナマパシフィコ空港


歩いて行くには遠すぎる&橋を徒歩で越える事は出来ないとの事。

タクシーで約$20。

バスで約$1。

って事でもちろんバス!!




16:45のメデジン行き飛行機に乗るべく、宿を12:00に出た。
電車でバスターミナルのあるAlbrook駅に向かう。
空港には何もないらしく、腹ごしらえをターミナルのフードコートで済ませておいた。


バスターミナルに入るのもパナマ3en1カードが必要なんやけど、私らが乗る予定なのはチキンバス。それでもカードにチャージ必要なんかな…



とりあえずそのまま改札へ。
カード残高が0.05しかなくてスタッフがカード代0.25ずつ代わりに払って入れた。
これはバス運賃ではなく、入場料やったみたい…後でわかったんやけど。
降りる時に別にバス運賃払わされたからね~。ボラれたか~?


パシフィコ空港行きチキンバスはフードコートの横にある入り口から出てスグにあるよ。
56番に停まってた。

この辺り。



乗客がまぁまぁ乗るまで30分待ちました。



途中パナマ運河が見えるよー。




バスは30分弱で空港近くに到着。




ここで降ろされるので、歩いて向かう。
バス運賃は$0.50やった。
入場料とで結局$0.75やね。
タクシーで来ると$20やから遠くないし、難しくないし、バスがオススメ。


小さい看板あり。



徒歩5~10分。



白い建物が空港。
小さいねー。
バスで同じやったネルウィンとも、ここが空港なんて信じられない!って話してたよ。
スーパーマーケットより小さいじゃん!って。笑

入ってすぐ、チェックイン。


謎の$15を払わされるって噂があったので、聞いてやる!!って思ってたら書いてた。




外人は観光税?を払わないといけないみたい。
チケットには含まれてないとさ。
しかし$15って高いね~。


タクシー代節約しといて良かったよ。


4:45の飛行機やから、空港でゆっくり過ごす。
Wi-Fiもないから、携帯イジイジして過ごす。


飛行機も遅延も問題もなくメデジンに到着~。
バスで市内に向かう途中の夜景がめっっちゃキレイやった。


メデジンではカサシュハリっていう日本人宿にお世話になりま~す。
泊まるなら行き方を詳しくメッセンジャーで教えてもらえるから嬉しい。
そしてココもまた沈没したい宿だ。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村








スポンサーサイト

高いコーヒーには訳がある?!

2016/02/20
サンホセからパナマに向けて5:00出発。


朝13°と寒い。
足元が冷える。



…暑くて目が醒める。


39°
…めっっちゃ暑いやん!


乗ってるだけやのに、汗がじんわり。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村



国境越えして、David経由でBoqueteっていうパナマの避暑地にやってきた。
久々に長距離移動。12時間かかった。

Davidからはチキンバスで1h。
あー値段忘れちゃった…
2人で5ドル払ってお釣り返ってきたよ。





ここは一年中心地いい気候らしい。


ここには温泉があるし、火山のトレッキング、動物を見に行くってたくさんのツアーがある。

来てみてビックリやけど、街は欧米人でいっぱいやった。
来た2月はハイシーズンでもあるらしい。


ココに来た理由はひとつ。


世界一のコーヒーと言われてる
スタバで飲むと2000円のコーヒーの産地。

しかも日本で飲むと数千円の高級コーヒーがここでは$10で飲めるっていう。
(ケンゾーさんイクエさんありがとー)


では早速行ってきました!!

宿から歩いて15~20分くらいかな。


Cafe Ruiz っていうところ。

オシャレなカフェってワケではない。


ゲイシャコーヒー10onz $10

早速注文すると。



ガサゴソ…
探す店員。




ノーゲイシャ




この時、ちびまる子ちゃん並みの青線が出た。



固まるよね~





あ!っとなって、もう一度探す。




あったーーー!
ゲイシャコーヒー!


泣きそうになりながら1つ注文する。




出てきたのはコチラ!!




ほぉ~

ポットに入ったコーヒー
温められた小さめカップ2つ

砂時計?



コレ(砂時計)が終わったら飲んでね♡


と言って去っていった。





写真撮ってたら、あっと言う間。




カップに注ぐ…



先ずはニオイ。





ほほ~(ボキャ貧)






そっと一口。




ほほほほほ~(ボキャ貧)






ほんと悲しいくらいにボキャ貧のため、お伝えする事は出来ませんが…



間違いなく、自分の人生の中で一番美味しいコーヒー。


普段からブラックで飲むんやけど、
ブラックやのに甘いしフルーティやし苦味酸味が強調してこない!!


なんだコレ!!







ちょーーーー幸せになれるコーヒー。






って、こんな浸ってるよーに書いてますが…


実はここで出会ったフィンランド人が同席して、彼はコーヒーオンアイスを注文。
話をしたい彼とコーヒーに集中したい私の戦いは敢え無く完敗。

ゲイシャコーヒーをゆっくり楽しめなかった…



く、くそぅ。

でも、せっかくの出会い邪険には出来ないよ…




途中で帰ってったから、その後楽しんだよ。ぬるーく…いや、冷たくなったけどね。泣


でも冷めても美味しいゲイシャコーヒーでした!!!






ボケテはほんとにいいとこ。
ゆっくり時間が流れてる。
でも大型スーパーマーケットもあって困らない。
泊まった宿はキッチンもしっかりしていて快適だったなー。
時間があったなら、ユックリしたかった。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村



幻の鳥の美しさはハンパない!

2016/02/20

旅人なら好きな人も多いと思われる

高橋歩さん。


そして、
もうひとつ好きな人が多いであろう…


水曜どうでしょう
(金曜ロードショー風に読むらしい)



そのシリーズに実は中米コスタリカ編があるのです。


幻の鳥を撮りに行く企画。



その鳥の名は…



ケツァール

Quetzal




世界で一番動物を見れる国に来て、
しかも幻の鳥に会えるというなら行くしかなーーい。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村


シティからツアーはいっぱいあるけど、高いので自力でオフィスのあるとこまで行き、ガイドを雇うことにする。



前日にバスターミナルで7:00発サンイシドロ行きのバスチケットを購入。
3245コロン。指定席やった。


※標高2500mまで上がります。
寒いので防寒対策していきましょー。


翌日宿を6:20に出てバスに乗り込む。
目指してるオフィスはバス走行途中70km地点で降ろしてもらわなきゃいけない。

その旨を運転手に伝えないといけない。



スペイン語で




61km地点で休憩があるから、その時に伝える。


グアテマラで勉強したビギナースペイン語を駆使して伝える。


Yo quiero ver Quetzal.
(ヨ キエロ ベル ケツァール)
Entonces puedes me soltar en setenta km por favor.
(エントンセス プエデス メ ソルタール エン セテンタ キロメトロ ポルファボール)
nombre es Mirador de Quetzales.
(ノンブレ エス ミラドール デ ケツァーレス )


っていう簡単なスペイン語で伝わりました。
¿Tienes maleta?
荷物はあるのか?って聞かれて
No tengo
ない!って答えました。


無事降ろしてもらったよ。
ココらへん。




こんな看板が目印。




しばらくまっすぐ歩いて行くと
オフィスが右手に。


今日は週末やからか、車もお客さんもちょこちょこおった。


カウンターでガイドのお願いする。
噂では$10やら15~40と色々あるみたい。





$50




(꒪д꒪)


ココまで来たのに、こんな高い値段払わなあかんのー!
2日前に来た友達は$15 or $40の2択やったよー。
私は$50の1択です。



ココまで来て、帰る訳にも行かず…
でも高いのでとりあえず考える。




ここにはハチドリに餌付けをしていて、ほんと間近で見れる。




か、かわいーーー!


期待してなかったから…



めっちゃかわいーーーーー


普通に30分以上眺めてたと思います。

みんな手を近づけてるから、少し申し訳ない気持ちを持ちつつ、手を近づけてみる。



乗ったーーーー




うぉーーーーわーーわー







ルンルン気分でまたオフィスに戻り
$50ガイド頼みました。笑





しばらく待ってるとガイドやってきたー。

名前はアドリアン。
ガイドやって20年やっけな?


車で8km離れたポイントまで移動。

ここはこの人達のテリトリーだそう。
住民にお金を払って守ってるんやってさ。
95%の確率でケツァールが見れるみたい。





ガイドについていきます。



ハァハァハァハァ。
か、からだが重い。


ココ、標高2500m。


ガイドの足についていくのに必死。

時間はもう10時まわってる。
ケツァール見るのは朝がいいらしい。
ハチドリに夢中になりすぎた…

日差しが強くなるにつれ、ケツァールは森に入っていってしまうんやって。
日差しから自分を守るために。
だから早朝がケツァールを見る確率が高い。


昨日一昨日と雨だったらしいが、今日は快晴。天気に恵まれた。







ガイドについていってる間、考えてたこと。


これ見られへんかったら$50をドブに捨ててるみたいなもんじゃない?



一度その気持ちが芽生えてしまってから、かなりドキドキが止まらん。
なんてケチなんや自分。笑



シッ!
ガイドか何かに気づいた。
鳥が鳴いてる。

ガイドが鳴き真似をする。

鳥が鳴き返してきた。


ガイドがあっちだ!ってかなり足早に向かってった。


つ、ついてけないよ~…



かなり遅れて到着すると
ガイドが望遠鏡の三脚を立ててる~



あそこだ!

って指差した先を見つめると



い、いたー!
緑色の鳥が木におるーー!


明らかに葉っぱの緑とは違う、鮮やか緑が見える。



望遠鏡で覗くと…






言葉を失うほど、美しい鳥が…


望遠鏡はiPhoneのカメラだと上手く撮れるらしい。一眼は難しかった。




ほんとーに幸せな時間やった。
雄が2匹いたよ。


帰りは車で61km地点のところまで送ってくれた。
そこに居たバス運転手にサンホセに戻りたいって言って2000コロン/1人で帰れたよ。




帰りは土曜市が開かれてたから、チョロっと覗いて帰りました。





青空メルカドやのに、スーパーマーケットみたいに大型カードがありました。


そこで飲んだジュース美味しかったよ。




公園では若者達が
踊ったり、芸の練習したり、スケボーしたり。





すんごい楽しそうで青春感がすごくて羨ましかった。笑



さて、サンホセはこれで終わり。
次は中米最終国・パナマへ。

あっついパナマの避暑地に向かいまーす!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村


中米の下り方~ザックリと。

2016/02/16
2016/02/05~02/18

グアテマラのアンティグアから
中米のパナマシティまでの
ローカルバス移動の旅~!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



中米にはチキンバスっていうローカルバスがある。
アメリカのスクールバスを使ってるらしい。



中は椅子がビッシリ
椅子と椅子の間が狭い…
混雑時は椅子と椅子の間に人が片尻ずつ乗せて座ってます。

コレ意外と座りやすいからオススメ。笑


中米って治安が良くないやら、
見所が少ないやら言われてるみたいやけど…

難なく下る事が出来ました~。
迷う事もなく超簡単でした。

何よりみんな親切に教えてくれたから簡単に移動できた!

移動は大体1日6時間程度にしていたよ。
ちょこちょこ泊まって中米を楽しみたいってのと、どの街も夜間到着は避けたかった。


では、ザックリ~と。


次の街の名前とmaps.meのアプリがあれば、誰でも下れます!!

あと重要な言葉は…

フロンテーラ=国境


初日

6:50発
アンティグア
メルカドの横のバスターミナル

↓ Q9 チキンバス 1h20m

エスクイントラ

チキンバス→普通バス
途中バスの修理の為、9:30立派なバスに乗り換えさせられる。

運転手にフロンテーラに行くと伝えるとバスのある所で降ろしてくれる(終点?)

エルサルバドルに向かうにつれ、標高も下がり、どんどん暑くなるので注意。


↓ Q45 2.5h

国境 frontera/名前わからん



グアテマラ出国

バス降りてすぐにイミグレ有。
両替商おるから両替する。$1=Q7.5

出国入国税・スタンプなし。

エルサルバドル入国

歩いて約1km入国イミグレあり。

イミグレ終わってまっすぐ歩いて行くと右手にガソリンスタンドあり。
そこをもう少しだけあるくと右手に赤いバスがある。



テレビつき。
ジュラシックパークの一番新しいヤツ流れてたよ。
それに乗車してソンソナテに向かう。

↓ $0.9 ($10でも払えたよ) 2h20m

ソンソナテ



木が被ってわかりにくいけど、途中の景色が綺麗。

↓ $0.7 チキンバス 2h

サンタアナ

初日はサンタアナに宿泊。
Casa Verde ドミ$11
Booking.com要。飛び込みやと$15。
すごいいい宿。オーナー含め。
Wi-Fi、キッチン(最高にいい)、プール、ホットシャワーあり。


2日目

サンタアナ

宿の人に聞いてショッピングモールから201番バスに乗車。

↓$1.35 1.5h クーラー付バス

サンサルバドル

サンミゲル行きのバスターミナルは東バスターミナル。乗り換えて東に行くバスに乗る。
東バスターミナル周辺は治安が悪いから注意。

↓$3 2.5h

サンミゲル

宿探し。
特に目星もつけてなかったけど、バスターミナルの横の宿 ダブル$12 シングル$8
ココから水シャワーでーす。


3日目

サンミゲル

↓$1 1hちょい

サンタローサ

↓$0.9 30m

フロンテーラ/アマティージョ

コスタリカ出国

スムーズ。

ホンジュラス入国

スタンプ有。
入国税$3。
$5って嘘つかれたよ。
Yo sé (知ってる). $3.って言うたら笑ってた。もちろん$3しか払ってません。

イミグレ出てスグ右手にチキンバスあり。
ホンジュラスには一泊しかせぇへんから、少しだけ両替。
そして今日は週末。銀行閉まってるから、ここで要両替でした。

↓54L 2.15h チキンバス

チョルテカ

バスターミナルのすぐ近くにある宿へ。
一泊 300L。
Wi-Fiあるけど、ほぼ繋がらないので無しに等しい。
扇風機が顔の真ん前にあり。息苦しい…
そして、話しかけても全く笑わないスタッフ。

街も何もなし。
ケンタッキーやショッピングモールあるけど…この街に寄り道する価値はない。


4日目

チョルテカ

↓35L 1h チキンバス

フロンテーラ/ グアサウレ

ホンジュラス出国

スムーズ。スタンプあり。

ニカラグア入国
入国税$12
何かが$10で何かが90コルドバ。
ドルだけで払いたいって言うたら大丈夫やった。
ちゃんと紙あるし、ぼったくられてないと思われる。

しばらく真っ直ぐ歩いて、商店とかが右手に出てくる。
そこを右に入るとバスターミナル有。
わかりにくいから、聞きながら進んだ。

↓c$50 3h チキンバス

レオン

繁忙期なのか目星つけてた宿は満室。
観光客を見かけるようになる。

$6ドミ発見。宿名失念。
キッチン、Wi-Fiあり。水シャワー。


5日目

レオン

↓c$54 1.5h 15人乗りくらいのバン

バス停で並ぶので早めの行動要。

マナグア

↓c$25 1.5h 市バス?客引きあり

グラナダ

また目星つけてた宿は満室。
その隣の宿Bearded Monkey。ドミ$6。



中庭が開放的で、白兎おった。
Wi-Fi、キッチンあり。水シャワー。
Wi-Fiは夜人が増えると遅くなる。
水、コーヒー飲み放題。
ゆっくりしたいので2泊する。


7日目

グラナダ

↓c$31+荷物代c$20
8:00発 混んでて立ち乗り 1.5h

リバス

↓$8 タクシー 0.5h

9:30に到着して、次のバスが11:30だったので、急いでた外人2人とタクシーシェア。

フロンテーラ/ペニャスブランカス

ニカラグア出国

出国税$2

コスタリカ入国

入国は行列。
出国チケットチェック。
出国カード記入あり。
荷物のX線チェック。

出国カード売りつけてくる人いますが、もちろんイミグレで言うたらタダでもらえます。

出国チケットはダミーチケットを用意。
アメリカエアラインでチケット購入手続きをして、最後に購入か保留が選べるので保留にする。
そのページをコピーしたら大丈夫です。
日本語サイトを使用要!!
保留中ってちゃんと書いてるから、英語だとバレる可能性大!!





↓1625コロン 1h 大型バス
コスタリカからバスが立派になる

リベリア

宿 ドミ$9



キッチン、Wi-Fi有り、水シャワー
犬、猫あり。


9日目

リベリア

↓3895コロン 5h 大型バス

サンホセ

宿 ドミ$14
Costa Rica backpackers(地球の歩き方に載ってる)

到着バスターミナルは治安の悪いコカコーラ地区に止まる。



ターミナル近くで宿を探したけど、時間貸しの宿ばっかり…システムが日本のラブホみたい。

で、歩いて移動したら…

いや、ほんと治安悪そうでした。
雰囲気最悪です。歩かない方がいい。

泊まった宿からバスターミナル遠いのがネック。
ここでも2泊。


11日目

サンホセ

↓7750コロン 8.5h

フロンテーラ/ カノアス



5:00発カノアス行きのバスを前日に買っておきました。
赤のピン 右:コスタリカ 左:パナマ

コスタリカ出国

出国税 $7

パナマ入国

パナマ入国シール$1
出国チケット& $500 or 残高証明書要
(だけどチェックなかった)

パナマイミグレ40分並ぶので注意。
イミグレ出てすぐ、ミニバスあり。

↓$3(ぼられた?) 1.10h

ダビ

↓$18.15 夜行 5h
(どうやら高い時間を買ったみたい…10:45高いので注意)

パナマシティ





ってな感じで下ってきましたー!
全然しんどくなかったよ◡̈
中米の人は優しい。
パナマに向かう程、男性の背が伸びてくる。笑



次はコスタリカで寄り道した話でも書きます~(*´˘`*)



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村

大好きすぎてブログが書きたくなりました。

2016/02/16
お久しぶり~のブログ。
いやぁ~ほんと毎日だったり、マメだったり、ブログを書き続けながら旅をしている方々!!
心より尊敬します!!

この間が空いてしまった中身は追々ひっそりと更新していこーかなー。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




今は中米をローカルバスでぐぅ~んと下ってきて、パナマのDavid。
今夜夜行バスでパナマシティに向かう。


またブログを書きたくなった理由。
書きたい程、いい場所に出会ったから。


そこは中米のグアテマラ。



グアテマラには世界一綺麗(だった?)な湖がある。

アティトゥラン湖。

その周りにはいくつも街があって、その中のひとつ、San Pedro La Lagunaに約1ヶ月滞在。




もともとスペイン語をグアテマラで勉強しようと考えてたんやけど、キューバ&メキシコで出会った旅人にココで勉強する事をオススメされたのがキッカケ。


結果…大正解。


いつまでも滞在したい心地のいい気候、
今までお世話になった宿で一番と言い切れる程の居心地のいい宿、大好きな学校の先生、ローカルの人たちの温かさ、そして周りの景色。

ほーんと全てが私にはピシャっとハマってしまった。


宿はCasa de Nagareっていう日本人宿。
部屋は全て個室。



ここのオーナーすすむさんとガビちゃんのホスピタリティがヤバイ。
神様みたいな2人が宿をやっていて、そこは天国なんじゃないかってくらいの場所を提供してくれた。



ここで出会った仲間もほんと良くて、毎日楽しい時間を過ごせた。
個室だから勉強したい時は集中できるし、疲れたら、みんなに癒してもらう。

そしてココには天使がいる。



宿の神様の子供たち。
ながれちゃんとこころちゃん。
もう可愛さを説明はしません。笑
ほんと会いにいってほしい。
この時ほど、子供が苦手な自分は損やと思った事はないよ。

ここでは毎日美味しい御飯が食べれて、胃の満足度の高さもサンペドロを大好きになれた一因であると思う。


そして長期滞在になった理由のスペイン語学校。
数件聞いて廻った結果、
MAYAB Spanish Schoolにお世話になる事に。



1日3時間を選択し、週5日Q470。

先生はOliver。
英語読みだとオリバーだけど、スペイン語なのでオリベル。



こんな風にホワイトボードを使って外で授業。
サンペドロは標高が1500m程あるから、朝の日陰は寒かったなぁ。




スペイン語知識0だから大変やったけど、ほんまに楽しい時間やった。
中米を旅して少し話せると話せないとでは大違いだと実感してます。
私は勉強してヨカッタと心から思う。
何より新しい言語を話せるようになって、ローカルの人たちとコミュニケーションが取れる喜びはほんとに大きいな。

学校には週2回のアクティビティもあった。
釣りもしたよ。
釣れなかったけど、誰1人として。笑



だってこんな真っ暗。笑

あとは街。
雰囲気がのんびーりしていて、そこにいるローカルの人たちものんびーりしている。




毎日のんでたQ5のフレッシュジュース



愛想が良くて、オーダーしたものを次の日も覚えててくれて「今日もかい?」といつも笑ってくれたなぁ。




湖の周りにはいくつか街があって
いくつか訪れた。
湖はボートでも行き来ができる。
サンフアン、サンマルコス、パナハッチェル。


少し離れたとこにあるチチカステナンゴの市場へも訪れた。



どこもほんとにいいとこだけど、思い入れの強いサンペドロにはどこも敵わないなんて贔屓目。



インディアンノーズというとこに朝日を見に行ったけど、そこもほんとにいいとこだった。


あげたらキリがないんやけど、この辺にしとこうかな。



ということで、これからまたちょこちょこブログ書いていこうと思いまーす。
思うだけじゃありませんよーに。笑


ブログランキングにまた参加してみまーす。順位よりも押してくれる気持ちが嬉しいです◡̈♥︎

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ポルトからカステロブランコへバス移動

2015/11/05
カステロブランコ行きRude Express Bus Stationはここ。
2015年11月現在、19.30€
ネット予約すると1€安くって19.30€
私たちはポルトの観光が残っていたので17時発ー20時55分着のバス。
バス車内はWi-Fiもあって快適~♪
コインブラで乗り換えがあって不安やったけど、難なくクリアしてカステロブランコに到着。
カステロブランコの宿は安くない(TT)
最安が10€で朝食付、バス停から離れてる。
のりくんと三人旅中やから、バス停から近くて35€朝食なしのトリプルルームに泊まったよー。
それがこちら。
今日は到着時間が遅いから、予めポルトでパンとお酒を買い込んでおいた。
明日はいよいよ岩と家が混在してるというモンサントへ!!

アルマティ(アルマトイ)からビシュケクへ移動

2015/08/03
久しぶりのブログ!
イランからネットが悪くてやっと更新!!

カザフスタン滞在は1泊2日のみ。
でもこれで十分な気もする。
って事でキルギスのビシュケクに移動~♪


8時半にアルマティの宿 Hostel Nomad's guesthouseを出る。

IMG_5854.jpg

IMG_5856.jpg


ホテルを出て右手にあるバス停で63番バスに乗る。料金80テンゲ/人。


8時40分発→9時15分着
35分かかってサイランバスターミナルの反対車線側に到着。
信号を渡ってバスターミナルへ行く。

IMG_5857.jpg


建物中に入るとKacca(チケット売り場)があるけどチケットは買わない。
そのままマルシュルートカが停まってあるとこに入る。
一番手前にビシュケク行き。

IMG_5858.jpg


車内に乗り込み30分程待つ。
10時満車で出発。
出発前に乗車料金回収→1300/人。
※ちょうど渡すべき。言わないとお釣り返す気なかった。

走行中、バス車内の人達の特徴を覚えておいた方がいいです!!


10時発
20~30分程渋滞にはまる

11時55分休憩 15分休憩

12時45分
警官によるパスポートチェックで一時停止

13時35分
ATMやExchangeの前で5分停まる。
3.05ソム(公式3.07)

13時55分
国境着
荷物もすべて持ってマルシュルートカを降りる。
国境越えたら同じ車に乗るので忘れないように要チェック!

IMG_5862.jpg


カザフスタン出国すんなり。
身体・荷物チェックなし。

キルギス入国。
パスポートだけ別室行き。
スタンプ押されて3分程で戻ってくる。
何も聞かれる事もなく終了。
身体・荷物チェックなし。

14時10分
国境越え完了~♪
何事もなくたった15分で終わった。


国境出たところスグ、車が出てくるところで待つ。
この時、同じバス車内やった人達を探す。
タクシー!タクシー!ってうるさいけど無視しましょう。

国境越えは人間よりマシュルートカのが遅いみたい。
その間に近くにある両替屋さんでExchange。

レート
10ドル→580ソム
100テンゲ→30ソム
*100テンゲのコインだけ余ってたけど、それも両替してくれたよ。


ー10分後ー
14時20分
マルシュルートカ国境越えて出てくるから乗り込む。
満席だった車内…8席空いてる。
5分しか待たずマルシュルートカは出発!こわっ!これ置いていかれる確率高くない?!乗れたから良かったぁ~


15時西バスターミナル到着。
広くてどこが市内のマルシュルートカかわからない…
おっちゃんに教えてもらう。

バスターミナル前にある道路沿いの階段を降りて反対車線に行く。



ここが市内行きのマルシュルートカ乗り場。



周りにいる他のマルシュルートカの若僧が手を引っ張ったり、荷物触ったり、ぼったくってくるから気をつけて!
私はそいつに本気でキレて殴り蹴りました。(暴力反対)



114番のマルシュルートカ
10スム/人
(ブログで30スム払ったりしてる人がいましたが…ぼったくられてます。気をつけて。でも荷物が大きいので運転手次第かも。私たちは値段聞かずに乗って、10ソム払いました。何も言われず。)

ゴーインと伝えましょう。
ココに停めてくれます。
ピンク色のピンのとこ。




この字はゴーインって書いてるよ。


約10分~15分(イライラして時間見てる暇がなかった...)

15時35分ゴーイン着。

そこから歩いてDOSゲストハウスもさくらゲストハウスも行ける距離。

上の写真の赤色のピン
右→さくらゲストハウス
左→DOSゲストハウス

私はDOSへ。
ドミ 400ソム
ツイン 900ソム
朝食付き♪


まとめ

8時半
Hostel Nomad's Guesthouse出る

35分 市バス 63番
80テンゲ/人

サイランバスターミナル

3h55分 マルシュルートカ
1300テンゲ/人

国境
15分で国境越え

40分 同じマルシュルートカ乗車

西バスターミナル

10分 マルシュルートカ 114番
10ソム/人

15時半ゴーイン着


こんな感じ!


わかりやすく書いたつもりなんですが...
もしわかりやすかったよ!と思った方(思わなかった方も)、ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



ドバイからオマーン バス移動

2015/06/27
ドバイからオマーンに出ているバスは1日3本。
事前購入はせず、当日直接買うことに。



この表、出発の15分~30分程で書かれているかも?



私たちは7時のバスに乗る為、前日は空港泊を選択。
ちょうどラマダン真っ只中。
空港内の飲食店はパーテーションをして見えないようにしてた。

で、途中で発見したお店(Departureフロア)のカフェのソファはガラガラでゆっくり休む事ができたよー。




6時の始発に乗る為、サブウェイで朝ごはん(Dh20約650円)を分けっこして食べて駅に向かう。あ~これで夕方までたべれない。


メトロに乗るにはNolCardを買わないといけない。
種類が2つ。
乗車回数制限ありのレッドと
制限なしのシルバー。
シルバーはチケットカウンターで直接買わないと受け取れないのに、始発だから居ない!!
時間も迫ってて諦めてレッドカード(Dh10)を2枚購入。
始発6時やと思ってたら、早いのがあって5時55分くらい?に来たよ。


バス乗り場の最寄り駅は
エアポートメトロターミナル3駅から3駅目のDeila city canter駅。
出口2番から外に出ます。


目指すはOman National Transport Campany。略してONTC。
GoogleMAPにもmaps.meにも載ってた。




駅から歩いて約15分。
エミレーツのビル横の大きい駐車場を左に曲がる。


バス停はSmileマークが目印のHyperMarket前でした。




6時25分くらいに到着。



コレがバス。




バスの前でアラビアンな格好をした人が迎えてくれます。




往復1人90ディルハム
片道55ディルハム




私たちはドバイに帰ってくるから往復を購入。
帰りの日にちは決めなくていいか聞いたらノープロブレムって言われた。


荷物は自分で積み込んで乗り込む。
自由席やけど、前方が女性。
後方が男性らしいけど、ガラガラなので関係なさそうやった。
人数は私ら含め10人(内子供2人)。


前のhyperMarketで水を調達。
7時きっかりにバスは出発した。

バス車内。



足置き付き。




30分程で周りの景色は砂漠になった。



道は整備されて快適。
エアコンもバッチリ。
寒いくらいやった。
上着もしくはストール必須!



乗車してから約1時間くらいから国境でのチェックが始まった。
私たちの時は計4回。
①~④は全て離れてたから、都度バス移動。




①パスポートチェック
私らは何故か笑顔だけでパスポートの中身チェックなし。持ってるか見せただけ。


②パスポートコントロール
ドバイ出国。質問なし。


③荷物チェック
荷物全部下ろしてX線じゃなく人間が荷物チェック。大きいカバンも小さいカバンも全てアナログチェック。
終わったら荷物を道路に置いて待っていると可愛い犬来た。野良犬かと思ったら麻薬犬。
荷物とバスをチェックしてたよ。
お利口さん。


④パスポートコントロール
オマーン入国。



みんなこんな紙を記入してるから書いたけど、日本人はビザフリーだからいらないって言われた。
何日滞在するのか聞かれて適当に1週間と答えた。
6月24日入国で7月15日までのビザ。


全てを終えたのは9時40分。
さて、マスカットに向けて再出発。
人数10人(内子供2人)でこの時間。
多かったら時間かかりそうやなぁ。

その後、3時間50分走って

13時30分マスカットのONTCに到着。
予定より早く到着♪






スムーズに行ったように見えるでしょ。
そんな事はありませーーん。


運転手「お前らどこに行くんや?
たる『ルイ。バスステーション。
運「バスステーションの後はどこに行くんや?
たる『マトラ。


って会話が途中あった。
で、しばらくしてみんな降りて私達だけになった。




運転手「ココで降りろ。
なお『何で?まだまだ遠いやん。
運転手「マトラはこの道を真っ直ぐや。
タクシーに乗り換えて行け。

なお『ノーノー。ルイに先行って。そこから自分らでタクシーに乗って行くから。
運転手「ココで乗ってもルイで乗ってもタクシーは同じ料金。ノープロブレム。
(遠すぎるやろ!信用ならん!)
なお『ノー。先ルイに行って。

その後も運転手に色々言われたけど
ルイに行けー!
って言いまくって、行ったから良かったけど。
ダメダメな私が言うのも何やけど…
このおっちゃん文法めっちゃめちゃで英語わかりにくい!
Me give me money. No problem.
って意味わからん。今でも。
運転しながら、ぶつくさおっちゃん言うてたのを理解した範囲で説明すると…

こっからマトラとルイは同じ値段や。
マトラは真っ直ぐ、ルイは曲がる。
俺の次の仕事は15時半にルイからドバイ行きのバスや。
そこから一旦マイホームに帰って再びルイに戻って来るのは厳しい。だって見てみろ、この渋滞を(反対車線渋滞中)。


ってやっぱりおっちゃんの都合やんか!٩(๑`ȏ´๑)۶ムキー。



めちゃ鬱陶しかったけど、最後は握手してありがとうって笑って別れた。
オマーン来たばっかやし、まだよく分からんオマーン人。

ルイからマトラはタクシーを使った。
『いくら?』
「いくらがいい?」
えーまだ来たばっかりで相場わからんし…地球の歩き方に書いてたRO1(318円)って言ったらすんなりオッケーやった。
高かったかな…もっと安く言えばよかったー!って後悔したけど後の祭り。
ナシームホテルまで連れてってもらいました。


長くなったのでナシームホテルについては次回!




のんびりブログランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ドバイでインドルピーをExchange!

2015/06/24
アッサラーム・アライクム(こんにちは)!
インドからドバイに到着~!


今回はリッチにエミレーツ航空でドバイin!
って値段がLCCと変わらなかったからコッチにしただけ。


でもやっぱり違うなぁ。
まずTake off前に配られるレモンジュース。




そして熱々のおしぼり。




もちろん座席には液晶つき!
久々だからワクワクするねー。

不思議の国のアリスを鑑賞。



で、お楽しみの機内食。
インド発だからカレー。笑

Non-Vegのマトンカレーと
Vegのクリーミーカレー。


私はマトンがダメだからVegに。




うーむ。美味しくなかった。
まさかのパンまでmasala味やった。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



余った5200ルピーをUSドルに交換出来なかった。(元々ドルを作りたくて下したお金)

いや、詳しく言うと出国前にExchangeしようと出国手続き手前にあるExchangeOfficeに行った。


じゃあ
ココじゃ出来ない。中でしろ。
って言われ、素直に受け止めた私達。


今思えば空港と言えどもココはまだインドだ!って何で思わんかったんやろ。



で、出国手続きを済ませて
ラウンジでゆっくりしつつ
Exchangeについて調べたら…



えーーーー(°_°)

出国したらExchange出来ひんって…
インド人専用って…
ルピーは国外持ち出し禁止やから他の国じゃ出来ないって…
どこにも出来たなんて書いてない…




しかもExchangeを見つけれず
(GATE6近くにあるとの情報…行ったけどなかった)。

ドバイでインド人にお願いするか、
旅中どこかで出会った人と交換するしかないか。と考えてた。




ドバイ到着。
アライバルロビーを出てすぐにATMとExchangeOfficeがある。




あ、書いてる!


ダメ元で聞いてみた。








出来た!!
何事もなく!!




でも ディルハム


調べると5200ルピー=約300ディルハム
Exchangeで受け取ったお金
267ディルハム。
-15ディルハムはコミッション。
あとは何かの手数料かな?




「ドルはoutsideだ。
え?お前らドバイにstayするんだろ?
ドルなのか??」



って店員さんに驚かれました。
outsideでルピーを替えれないのは困るのでディルハムにExchange。
もちろんディルハムも必要やしね。




あー
よかったーーーー( ꒪⌓꒪)



1万円がただの紙きれにならずに済んだよ。



そして今日はこのまま久々の空港泊。
ドバイの宿高いし、明日は早朝発だからね。
Wi-Fiはサクサク。トイレも綺麗。
(Wi-Fiは一時間の利用制限があるから、一時間経って使えなくなったら下記の作業をしましょう。これであなたもエンドレスWi-Fiをゲット)



ターミナル3の椅子は




全てこんなの。
寝るに適してませーん。
でも仕方なし。
始発6時のメトロに乗りますよ~。
おやすみなさい。



Wi-Fi裏技

一時間経って使えなくなったら設定を開きます。



そしてSafariを選択。



履歴消去しましょう。
(今迄見ていたページも消えるので注意)

その後、初めにログインした時と同じ事をすれば、あら不思議。
また使えるようになってる
これを一時間毎に繰り返すだけ。
お試しあ~れ。



のんびりブログランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

カーリーテンプル

2015/06/23
カーリー教というのをご存知でしょうか。
知らない人はレッツWikipedia

カーリー



コルカタにはそのカーリー女神に捧げる生贄として毎日毎朝羊の首斬りが行われるらしい。



これは市場で見た山羊です。




調べても写真は出て来ないし、その土地の宗教文化にも興味があるので行ってみる事に。




この生贄は午前中しかやっていないらしく早めに行く。
サンタナロッジからローカルバス1本。
ノナプクアの乗り場からバス番号21-1に乗る(確認要)。
行き先を車掌さん言ってるけど、早口過ぎて聞き取れん!



カーリーテンプルって言えば降りる時教えてもらえた。
片道8ルピー。
あとバス座席は女性と男性が分かれてたよ。


30~40分くらいやったかな?で到着。
大通りに降ろされるから、そこから徒歩。5分程で到着。



インド人がおデコにつける食紅みたいなのだらけの道をまっすぐ行くと、左手に出てくる。


中は裸足で荷物持ち込み禁止。
最低限の荷物(マネーベルト)で来たから靴だけ近くのお店に預ける(5ルピー)。
そこから裸足でインドの汚い道を歩くのは辛かった。



中に入ると一体どこが首斬りの場所なのかわからず…とりあえず長蛇の列に並んでみる。抜け出せなくなって…2時間並んで行き着いた先は違う場所やった!!(;꒪ö꒪)


そこを終えて探しているとココかな?
ってとこを発見。
いかにも首斬りをしそうな2つの台がある。



そこで一時間程待っても山羊は来ないから諦めて帰ろうとしたその時!!



可愛い可愛い山羊がやってきました。
まだ小さめな山羊。



時刻は10時半。



どうやらこの生贄の山羊達は個人で市場で購入して連れてきているそう。
カーリーには首を捧げるだけて、首から下はその連れてきた家族で肉を食べるんだと。





どうやら始まります。




ドンドコと太鼓が鳴ります。
2匹の山羊は赤色の花で飾られ、おデコとツノに赤い食紅みたいなのをつけられてる。



バケツ一杯に水を汲んで山羊にかけて清める。

この時点で山羊はパニック。

2、3回かけられてた。


両手足を無理矢理、背中側へ持って来られ、首斬り台に固定される。


更に山羊はパニックになって、
これでもかってくらいの鳴き声をあげる。





バン!!





もう衝撃的過ぎるなんて簡単な言葉で片付けれない光景が目の前に広がってた。



バン!と大きな刀で首を斬られた山羊。
その場に落ちる首。
死んでいるはずなのに口はパクパクしてる。
首から下は切った瞬間に首斬りの2人のアシスタント達によって勢いよく後方に投げられる。
その身体はまるでまだ生きているかのように激しく血を撒き散らしながらのたうち回ってた。


そして2匹目に取り掛かる。
さっきと同じように…まるでただの流れ作業みたいに事は終わった。



もう何も考えられへん。
ただ何故がカラダが震えてた。




その後は食べる為に別の所へ連れられて、すぐに捌いてた。




生贄。
正直わからん。

今年(2015年)6月初め頃かな。
インドでこの宗教の人が生贄として5歳の子供の首斬りをした。

ほんまわからん。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。